大脱走未遂事件 2007.9.6

うさぎTop 禄太郎庵Top
 フェンスのかじり木をサイズ・アップしてからというもの、「こいつにはかなわん」と思ったのかどうかはわかりませんが、それまでフェンスに対して続けていたかじり攻撃から、穴掘り作戦への路線変更しているようです。

 いつも放っておいても大して深く掘ることもないため、一度外に出す度に埋め戻す程度で十分でした。

 しかしこの日は、昨夜掘った分を埋め戻し忘れていたため、その続きから掘り始めとなりました。そのせいか、かなりやる気満々の様子です。こんなに深く掘ったことはいまだにありません。
 朝ご飯の生野菜もほったらかしで必死に掘り続けます。

 面白いのでしばらく観察していました。
 粘土質の部分に阻まれたようで、一旦休憩に入り、ほったらかしにしていた朝ご飯へと向かいました。

 さすがにこのまま放置するわけにはいかないので、その隙に埋め戻しておきました。
 埋め戻しから約10分後、おちびトンネルでの脱走の決定的瞬間です。

 掘った部分を埋め戻していたので、もう今日は大丈夫だろうと目を離していたのですが、生野菜は残したまま姿が見えなくなっていたので、ふと外を見てみるとすでにこんな状態だったわけです(カメラを持ち出せる程度の余裕はありましたが)。

 さすがにシャッターを押した次の瞬間、脱走現行犯として身柄を確保しました。十分に向こう側に抜けられる状態でした。もちろんおちびの行き先は独房です。

 今日のおちびは油断も隙もありませんでした。
 毎朝・夕に2〜3時間ずつ庭に放しているので、早速対策を施さなければなりません。

 以前飼っていたうさぎとも、穴掘りに関してはずいぶんと戦いを繰り広げました。色々な手を打ちましたが、一番効果があった方法を今回も使ってみます。

(ただ、以前飼っていたうさぎは結構な年齢になっていたので、体力的にあきらめただけだったかもしれません。)
 約1cmくらいの深さに金網を埋めます。これだけです。

 掘る部分にコンクリートブロックなどを置いても、その手前から掘り始めるため、根本解決にはなりませんでした。金網の場合は、手前から掘るほどの知恵はうさぎにはないようです。
 これならおちびにもわからないでしょう。

 さぁ、どうする?おちび。
うさぎTop 禄太郎庵Top
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO